栃木市 の ペインクリニック,ボトックス療法,漢方療法

与倉ペインクリニック

〒328-0032
栃木県栃木市神田町21番15号

0282-22-0006

メインメニューを開く
  • HOME
  • ボトックス療法
ボトックス療法

ボトックス療法とは?

食中毒の原因菌のひとつであるボツリヌス菌が作り出す天然タンパク質が有効成分のお薬を筋肉内に注射し、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える治療法です。痛みが少ないように、注射針は採血に使う針の3分の1くらいの細さのものを使用しています。

ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。世界80ヵ国以上で認められ、広く使用されている治療法です(2010年10月現在)。

こんな症状のある方に適応があります

  • 顔のけいれん
  • 痙性斜頸(けいせいしゃけい):筋肉が緊張して、首が上下左右のいずれかに傾いたり、ねじれたりする病気
    ※いずれもボトックス療法の前に、脳に異常がないかを精査する必要があります。
  • 脳卒中の後遺症として現れる、手足のつっぱり
  • リハビリテーション時の痛み(関節や筋肉の硬直による)

注意点として

ボトックスのお薬の持続期間には、個人差がありますが、3~4カ月が目安です。医師と相談しながら、年に数回注射を受ける必要があります。また、リハビリテーションをおこなっている方は、ボトックス療法とあわせて専門施設でリハビリを続けることをおすすめします。

ボトックス療法についてより詳しく知りたい方は『グラクソ・スミスクライン株式会社』ホームページよりご覧ください。